静岡県川根本町で
山村留学体験しませんか?


川根本町はこんなところ


水と森の番人が創る癒しの里・川根本町
 静岡県の中央部に位置し、東は静岡市、南は島田市、西は浜松市に隣接するほか、北は長野県との県境となっています。
 町域は大井川に沿った東西約23㎞、南北約40㎞の南北に細長い形で、面積は496.72㎢(静岡県全体の6.4%)、このうちの約94%を森林が占めています。
 銘茶・川根茶の産地、大井川鐵道のSLが走る温泉観光地としても知られています。
 豊かな自然や伝統文化が残っていることが評価され、南アルプスユネスコエコパーク、日本で最も美しい村連合にも登録されています。
【人 口】
総人口:6,356人
男性:3,115人 女性:3,241人
世帯数:2,824世帯  
高齢化率:49.8%(65歳以上の割合)


【学 校】
幼稚園:1園 保育園:3園  待機児童なし
小学校:4校 中学校:2校 高校:1校
※高校生までの医療費が無料

【医 療】 
診療所:5か所 歯科医:4か所

【買い物】
スーパーマーケット:4店
コンビニエンスストア:2店
ガソリンスタンド:7店
金融機関:9か所

【特産物】 川根茶、しいたけ、ゆず、自然薯








川根本町の教育について


子どもたちは町のたからもの!

「子どもたちは町の宝物」、「教職員は町の財産」という本町の理念に基づいて、町全体の学校を一つの緩やかな学校と見立て、小規模校による個に応じたきめ細かな取組をさらに積極的に推進します。
具体的には、一人一人の自立に向けた「キャリア教育」と学校間の連携による授業実践「RG(連携グループ)授業」を2つの大きな柱として展開し、子どもたちの「生きる力」を育むとともに、「確かな学力」の定着を図っていきます。
小中学校9か年の継続した取り組みにより、子どもたち個々の社会的自立を促していきます。

小学校4校(186名) 中学校2校(92名)  ※2021年8月現在
町独自のキャリアノートで
「なりたい自分」へ
自分の学習や生活などの目標を立てたり、振り返ったりできるようになっています。
9年間を通しての自分の成長を実感でき、夢や自己肯定感を持つことへとつながっていきます。

町全体が一つの学校!
RG授業(各学校間の連携学習事業)では、普段よりもたくさんの仲間と一緒に学習することで考えを深めたり、新しい発見をしたりできます。
子どもたちの学びを支えるICT

平成29年度から一人一台タブレットの活用が進んでいます。自分の考えを深めたり、仲間と意見を共有したり、子どもたちのより良い学びを創り出すツールになっています。

子どもたちの学びを支えるICT

平成29年度から一人一台タブレットの活用が進んでいます。自分の考えを深めたり、仲間と意見を共有したり、子どもたちのより良い学びを創り出すツールになっています。

山村留学、山村留学体験とは?


山村留学とは、都市部の小・中学生が長期間に渡って親元を離れ、自然豊かな農山村や漁村で生活をすることを言います。または親子の場合もあります。夏休み・冬休み・春休みを利用したものを短期山村留学、1年間単位で実施するものを長期山村留学とすることもありますが、一般に山村留学といえば後者を意味します。


2021年現在、川根本町には山村留学の制度はありませんが、今後の制度化を目指しています。その第一歩として、10月に「お試し山村留学」を実施することになりました。

このツアーの主催は、川根本町と川根本町教育委員会です。ツアーの運営・実施は一般社団法人エコティかわねが請け負っています。

お試し山村留学に参加してみませんか?

主催:川根本町、川根本町教育委員会  実施運営:一般社団法人エコティかわね

【A】中川根第一小学校の授業体験&地域案内

普段の学校の様子を体験

受け入れ先は中川根第一小学校(全校児童40名)。お子さんは在校児童と一緒に授業を受け、保護者は授業見学や学校関係者との意見交換を予定しています。特別なイベントではなく、普段どおりの学校の様子を体感していただけます。

町の暮らしを知ろう!

お子さんが授業を受けている間、保護者には川根本町での暮らしについて知っていただきます。
住まい、医療、買い物など、暮らし全般について、町役場の移住担当者と地域住民がご案内します。

参加者同士の交流会

学校見学後は、標高660mにある宿泊施設「ウッドハウスおろくぼ」へ移動して、参加者と関係者の交流会を行います。
疑問や不安に思っていることなどもざっくばらんに話し合いましょう。希望者はそのまま宿泊も可能です。

参加者同士の交流会

学校見学後は、標高660mにある宿泊施設「ウッドハウスおろくぼ」へ移動して、参加者と関係者の交流会を行います。
疑問や不安に思っていることなどもざっくばらんに話し合いましょう。希望者はそのまま宿泊も可能です。

☆Aの日程については問い合わせフォームよりお問い合わせください。一日の流れは以下のとおりです。
【B】中川根第一小学校の授業見学
Aのプログラムに参加したいけど都合がつかない方向けに、平日の学校見学をご用意しました。一緒に授業を受けることはできませんが、普段の授業の様子を見学していただいたり、学校関係者から説明を受けられます。

対象:小学校1年生~6年生の児童とその保護者

受入日程:2021年10月14日(木)~28日(木)の平日
     ※時間についてはできるだけ希望に合わせます

受入学校:中川根第一小学校

申し込み日:見学希望日の2週間前まで

その他:学校見学以外に地域案内を希望の場合は、役場職員(移住担当)が
    対応します。申し込み時に希望をお伝えください。




新型コロナウイルス感染対策について

・山村留学体験ツアー並びに学校見学の2週間前の時点で緊急事態宣言、まん延防止重点措置の対象となっている地域からの参加をお控えいただきます。

・静岡県が定める新型コロナウイルス警戒レベル5(特別警戒)以上が発令された場合は、事業自体を中止・延期する場合があります。

・参加中はマスク着用、消毒、検温などの感染症対策にご協力お願いします。

・事前にお送りする健康チェック票への記入・提出をお願いします。


会場案内

合言葉は「パラダイス」
中川根第一小学校

2021年4月7日、新しく本校に着任された先生方に6年生の子どもたちが「中川根第一小(パラダイススクール)の4つ自慢」というプレゼンをしてくれました。

50年前に植えた紅葉が美しいアメリカ楓と銀杏の並木道、みんなで夢中になって考えみんなで創りあげる授業、友達や家族のいいところをみつけ合う「あいしマン」活動、そして全校が兄弟のように仲が良い。
これが6年生の子どもたちが思う本校の良さです。

また、本校には魅力的な行事もたくさんあります。特にお勧めなのが「なかよしの森発表会」です。
毎年披露してきた地域の伝統芸能「鹿ん舞」を再現した「全校ときどん」は壮観ですよ。是非一度、パラダイススクール(中川根第一小学校)にいらっしゃってください!みんなで大歓迎します!

中川根第一小学校 校長 石原一則

※2021年8月現在、全校児童40名(2年生と3年生、4年生と5年生が複式学級となっています)

川根本町立中川根第一小学校
〒428-0301
静岡県榛原郡川根本町徳山100番地
【交通アクセス】
新東名高速・島田金谷ICより車で約50分
国一バイパス・向谷ICより車で約50分

お問い合わせフォーム

川根本町でのお試し山村留学に興味のある方は、以下のフォームよりお問い合わせください。
数日内にエコティかわねの担当者よりご連絡させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
上記の問い合わせフォームから送信できない場合は、
同内容を記載の上、エコティかわねへメールでお送りください。

ecotkawane☆gmail.com      ☆部分を@に変えてお送りください。

川根本町のイロイロがわかる!

リンクページ

川根本町役場HP
川根本町移住ナビ
川根本町立中川根第一小学校
エコティかわね
川根本町立中川根第一小学校